脂質異常症(高脂血症)の新しい診断基準について解説

2007年4月から、日本動脈硬化学会は、脂質異常症の診断基準を全面的に改定しました。

従来の総コレステロール値220mg/dl以上という項目を除外し、総コレステロールの基準値超えは問題にしなくても良い、となりました。

総コレステロールの値は、善玉(LDL)コレステロール値と悪玉(HDL)コレステロール値の総和です。
善玉のHDLコレステロールが多いことは悪いことではなく、むしろ良いことなのに、HDLコレステロールが多くても総コレステロール値が高くなります。その結果、脂質異常症と診断されることがありました。

現在は、総コレステロール値は参考程度にし、LDLコレステロール値、HDLコレステロール値、そして中性脂肪(TGやトリグリセライドと記載されていることもあります)の3つに注目し、診断するようになりました。

新しい診断基準では、LDLコレステロール値が140mg/dl以上を高LDLコレステロール血症、HDLコレステロール値が40mg/dl未満を低HDLコレステロール血症、中性脂肪(TG)の値が150mg/dl以上を高トリグリセライド血症と呼び、この3つを脂質異常症として治療や生活指導、栄養指導を行うようにしています。

LDLコレステロール値に関しては、脂質異常症以外に危険因子がある場合は、さらに厳しい数値を管理目標として設定します。
危険因子とは、年齢、喫煙、高血圧、糖尿病、家族に動脈硬化に関係する疾患の人がいる、などです。

そして近年、LDLとHDLの比率も重要視されています。

LH比と呼んでいます。
(LDLコレステロール値)÷(HDLコレステロール値)を計算し、この値が2.5以上だと動脈硬化や血栓のリスクが高くなることが判りました。

LDLコレステロール値もHDLコレステロール値も両方とも基準値内であっても、この値が高いと心筋梗塞を起こす人がいます。
疾患がない場合は2.0以下、高血圧や糖尿病がある場合、心筋梗塞や脳梗塞の既往がある場合は1.5以下を目安にする医療機関が増えています。

過去の検査にLH比が記載されていない場合は、ご自分で電卓をはじいて計算してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>