水素水の概要解説

最近、話題になっている「水素水」とは、水素分子が高い濃度で溶けている水のことです。医学的には<水素豊富水>といいます。

科学的にいうと、水素の原子記号は「H」で、原子番号は「1」。構造が1番簡単であることと、常温・常圧では無味・無臭・無色の気体です。
水は「水素(H2)」と「酸素(O)」がくっついている状態。化学式では「H2O」で表します。水素水は水にさらに水素を豊富に含ませたものということになります。

水素水は原子の中では一番軽く、単原子では酸素以上に活性度が高いため他の物質と簡単に結合する特性があり、浸透力に優れています。さらに水素は地球上で一番小さい分子でもあるため、医療など様々な分野で活用されています。

特に最近は美容分野で注目されていて、たくさんのメーカーから様々な形で販売されています。

テレビなどで、女優さんやモデルさんが水素水を飲んでいるという話を見聞きしますが、「美容のため」、「ダイエット」、「身体に良い」などと話しています。
いったい、水素水は具体的にどのような効能があるのでしょうか。

人が生きてゆくためには、エネルギーを必要としています。エネルギーは細胞内のミトコンドリアというところで、酸素を利用して栄養素を分解して作っています。
エネルギーが作りだされる際にできるのが、活性酸素です。

活性酸素には2種類あって、外部から侵入してきた細菌やウイルスを攻撃して除去する善玉活性酸素。
一方、活性酸素が過剰に発生して体内に溜まってしまうと、悪玉活性酸素に変身してしまいます。細胞を酸化(サビ)させたり、細胞膜を破壊したり、DNAを傷つけてさまざまな病気や老化などの原因となります。

この悪玉活性酸素を撃退してくれるのが、「活性水素」と呼ばれる物質です。
水素の働きで体内の細胞が活性化され、代謝機能が向上することから身体の健康に効果があることが分かってきました。さらに美容やダイエットにも効果が期待できるとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>