健康診断でのコレステロールの数値について解説

kensachu

健康診断で行われる血液検査では、血中のコレステロールの値についての測定がおこなわれます。測定した結果については健康診断の結果を記載した用紙を受け取ることができますので、自分で数値を確認することが可能です。しかし医学の知識に乏しい素人が血液検査の数値を見てもさっぱりわかりません。素人であっても、数値のだいたいの意味を知っておくことは、自分自身の健康管理をするにおいては大切なことです。

健康診断の血液検査で行われるコレステロールの検査では、総コレステロールと呼ばれる数値を測定します。総コレステロールの基準値は120mg/dlから220mg/dlですので、この範囲内に入っていれば正常です。もしも数値が220mg/dlを超えている場合には、高コレステロール血症と診断されます。何も治療を受けずにこのままの状態にしておくと、動脈硬化が進行して、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などを患うリスクが高まりますので、病院で治療を受けることが必要です。

健康診断の血液検査では、HDLコレステロールの数値についても測定されます。基準値は40mg/dlから70mg/dlですので、もしも数値が70mg/dlを超えている場合には、低HDLコレステロール血症と診断されます。このまま放置しておくと、糖尿病や高血圧、虚血性心疾患や肝硬変を患うリスクが高まりますので、医療機関で治療を受けることが必要になります。

血液検査では、LDLコレステロールについても検査が行われます。基準値は70mg/dlから139mg/dlになり、139mg/dlを超えている場合は、LDLが血管の壁に付着して動脈硬化の原因になります。この数値が高い人は虚血性心疾患や脳梗塞、糖尿病などを患う可能性が高くなるので要注意です。食生活にも問題がありますので、DHAやEPAを豊富に含んでいる青魚を積極的に摂取すると数値が改善されます。DHAやEPAはサプリメントでも摂取可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>