味覚障害の1つの原因とされる亜鉛不足について

azigadou

各種のミネラルには新陳代謝を高めるための働きがあり、老化と戦うための機能も持っています。塩分は摂り過ぎれば問題になりますが、塩なしで野菜などを大量に食べれば、カリウム中毒を引き起こすことがあります。それゆえに、必要な量はしっかりと摂取しながら、摂り過ぎることに注意する必要があります。ミネラルを過不足なく摂取すれば、細胞にも良い影響を与えることができます。

ミネラル成分の亜鉛には、人間の細胞を作り出したり、味覚を発達させるなどの働きがあります。不足させると味覚障害を引き起こす可能性があるために、料理人やソムリエなどの職業に就く人であれば、特に必須となる栄養です。当然ながら、子供にとっても絶対に欠かせないミネラル成分であるため、幼少期から意識的に摂取する必要があります。

亜鉛不足で新陳代謝が鈍くなることで、肌荒れや発育不全などの問題も発生しやすくなります。このミネラルは、カルシウムと同様に特に不足させやすい性質があり、これまでに多くの人を困らせてきた経緯があります。ジャンクフードばかりを食べるような生活をしていると、ミネラル不足は特に深刻になります。

多品目な食材を多用するように配慮して、料理に様々な工夫を加えていけば、対処することは十分に可能です。亜鉛は魚介類や海藻に多いために、昔ながらの和食を食べていれば不足しにくいはずです。肉類にも含まれていますが、牛肉や豚肉だけを食べるようでは栄養が偏りますから、主菜に選ぶ食材は日替わりで選ぶことも大切です。

亜鉛不足を解消すれば、ミネラル成分が潤沢に吸収されて、新陳代謝も活発に働くようになります。中年から老年期に差し掛かる人の場合でも、亜鉛をしっかりと吸収していけば、老後の食の楽しみも続けられます。ミネラルは亜鉛だけではありませんから、鉄分やマグネシウムなども不足させてはいけません。不足分をなくすために、サプリメントを利用することも有効な手段です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>